DHA+EPAで生活習慣病対策!

DHA+EPAで生活習慣病対策!


中性脂肪とコレステロール値は、年齢とととも増えがち。中性脂肪とコレステロールを減らし血液をサラサラにするには、DHA+EPA(オメガ3)をとれば良いことはよく知られています。消費者庁の「機能性評価モデル事業」で血液サラサラ成分として効果がお墨付き。その効果と注意点を詳しく見てみましょう。


DHA+EPAとは


 DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)は魚(特に青魚)の脂に多く 含まれる高度不飽和脂肪酸と呼ばれる必須栄養素です。この栄養素は、体で作ることができないので、食べ物から摂取する必要があります。

DHAとEPAの効果

コレステロールを下げる

 血管や血中のコレステロールの値が高いと、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・心臓発作と いった成人病の原因になります。そんな成人病を予防してくれるのがDHA・EPA。DHA・EPAを摂取することで血をサラサラにし、コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やしてくれます。

ガン・アレルギー作用を抑える

 DHAの働きとして、抗ガン作用と抗アレルギー作用が注目されています。乳ガンや大腸 ガンの急激な増加、炎症、アレルギー疾患の発生率が高くなっているのは、魚の摂取量が 減ってきていることと相関性があるといわれています。

 DHAにはガンを発生させる発ガン物質(プロスタグランジン)を抑える効果があり、摂取し続けることでプロスタグランジンを正常化にしたり、増やさないように抑えることができます。

 アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・気管支ぜんそく・食物アレルギー・花粉症などのアレルギーは、体内に入った抗原(アレルゲン)を排除しようと、ヒスタミンやロイトコリエン、PAFといったものが過剰に生産されることが原因でおこります。DHAは、その中のPAFをつくるところを阻害することができ、アレルギーを抑える効果があります。


学習機能の向上

 DHAは脳の細胞の中に入り脳細胞を柔らかくし、情報の伝達性をよくさせるとともに、 細胞を活性化させます。活性化させると学習機能を向上させ、スポーツをすればするほど 上達し、学習することで知識・経験・判断力が豊かになります。

 胎児の発育や、知識を早いスピードで吸収していく乳幼児にとっても必要な栄養素です。これは幼児や子供だけでなく、成人や老人になっても有効な栄養素です。「日本人の子供の知能指数が高いのはDHAを含んだ魚を食べているからだ。」と海外で言われています。


その他

 また、DHAと仲間のEPAは血栓予防や中性脂肪を減らす働きををしてくれます。このことから、成人病予防のほかダイエットにも有効と言えます。


注意点


副作用に注意

 EPAは脳梗塞や心筋梗塞など、血栓(血の塊)で血管が詰まって起きる重大な障害を避ける目的で使いますが、副作用もあります。血液が固まりにくくなるため、出血するとすぐには止まりません。医薬品として服用する量では安全ですが、1日3グラム以上の摂取では注意が必要です。手術や出血を伴う歯科治療を受けるときは、医師などに相談して数日前から服用を中止しましょう。

 また、医薬品では肝機能障害、健康食品で滲出性紅斑といった副作用も報告されています。薬とサプリメントを飲み、その上に血液をサラサラにする食品をたくさん食べると、副作用の危険性が高まります。ご注意ください。


油の摂り過ぎが問題

 健康に良いとされる「不飽和脂肪酸」ですが、バランスが大切です。特に、植物油などに含まれるリノール酸などの「n-6系不飽和脂肪酸」と、DHAやEPAなどの「n-3系不飽和脂肪酸」は、代謝された結果、微量でも身体に大きな影響を引き起こす物質を生成するため注意が必要です。

 すでに摂り過ぎの傾向があるn-6系は、アトピーなどアレルギー疾患を引き起こすことが問題となっています。

 生活習慣病予防には油脂の総摂取量を控えると同時に、n-6系をn-3系の4倍以内にすることが推奨されています。米国食品医薬品局(FDA)は、サプリメントからの摂取はDHAとEPAを合わせて1日2グラムを超えないように警告しています。必要なことは、マーガリンのようなn-6系を減らすことです。


クリルオイルは、青魚からとれる魚油よりも、高品質で吸収しやすいことが分かっています。クリルオイルを90日間摂取した実験では、善玉コレステロールが59%アップし、悪玉コレステロールが39%ダウンしたという結果に。


「クリルオイル」は「南極オキアミ」というプランクトンの一種から抽出され、魚由来のDHA+EPAと違い水溶性の高い「リン脂質」という形態のため体内吸収に優れています。アメリカにおいてもFDA(米国食品医薬局)等の公的機関が、DHA+EPAの効果を承認・推奨し、食品としての安全性を認めており、近年摂取が急増しています。魚由来のDHA+EPAよりもやや割高ですが、モンドセレクションの金賞を受賞している「極上クリル」は安心して試せそうです。


最も手軽にDHA+EPAをとる方法は、サプリメントをとることですが、継続してとるには、安心、安全で手頃な価格であることが必要になります。その点、シードコムスのDHA+EPAは、天然マグロを瞬間冷凍して鮮度を保ち、富士山麓の安全性が認められた「GMP認定工場」で製造されており、安心、安全性は折り紙付き。また、モンドセレクションで金賞受賞という栄誉にも浴しています。お手軽価格で継続しやすくなっているのもうれしい。







まとめ

1.生活習慣病対策として中性脂肪とコレステロールを減らし血液をサラサラにするには、DHA+EPA(オメガ3)をとることが有効。

2.DHA+EPAにはガン、アレルギー作用を抑え、学習機能を向上させる効果もある。

3.血液が固まりにくくなる等の副作用もあるので、過剰摂取には注意が必要。DHAとEPAを合わせて1日2グラムを超えないことを基準にするのが良い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


#健康サプリメント


  • LinkedIn
  • Facebook
  • Twitter Social Icon