プロ直伝の水彩画講座|TH Associates
  • LinkedIn
  • Facebook
  • Twitter Social Icon

​プロ直伝の水彩画講座

小学校の時には、写生やポスターでいろいろと賞をもらったりし、絵が好きだった。大人になってからは、もっぱら美術館での鑑賞であったが、東京に単身帰任の機会に、絵を描いてみたいと思い、近くのカルチャースクールを探した。油絵でも水彩画でも良かったが、週末に教室があるのは水彩画だったので、水彩画を始めた。毎回、先生(東京芸大日本画出身)の用意してくれる花、果物などを10名程度の参加者と一緒に2時間半程度で仕上げる。先生が、個別にアドバイスしてくれ、また他の生徒の作品を見ることもでき、 教室はそれなりに良いものである。

 

しかし、先生やプロの描き方を一部始終見る機会というのは、なかなかないものである。水彩画の本も買ったが、結果は分かるがその過程までは十分には分からない。

 

その点、DVD教材で、先生の描き方を最初から最後まで見せてくれるというのは、細かい部分の描き方も    全部分かり大変参考になる。DVDならではではあるが、何度でも繰り返し見られるというのも、教室では    できないことである。

 

ここに紹介する「大人のための水彩画講座」は、下絵・デッサンから始めるのではなく、先生の下絵の色塗りからスタートするので、いきなり立派な絵が完成してしまう。習っている生徒の興味のレベルとモチベーションを上げて始められるように工夫されている。

 

この水彩画講座では、DVDに加え、テキスト、見本画、モチーフ写真、下絵がセットになっている。値段も、教室に通うよりもずっと割安で、自宅で好きな時間に学べるというのも良い。

 

絵を描くと対象を従来以上に細かく観察することになるので視覚が刺激されるとともに、手の動き、力加減など触覚も刺激され、感覚的な「右脳」を鍛えることにもなる。日常生活、特に会社生活は「左脳」中心であるので、脳活と同時にストレス解消にもなる。

 

自分で描くようになって、美術館での絵の見方も、単に鑑賞するだけでなく、どのように描かれているか   詳細を見るようになり、良い意味で変わったように思う。脳活のためにも、これからも、続けていきたい。